欧米に電子タバコが広まった背景



ヨーロッパやアメリカで爆発的な人気を誇る電子タバコは、ここ日本でも若者を中心に広がりを見せています。電子タバコやE-リキッドのオンラインショップDon Pepeでは、最高品質の製品を提供しており、安全で美味しいリキッドをお探しの方におすすめです。こちらでは、欧米にリキッド式電子タバコのVAPEが広まった背景についてご紹介いたします。

■ 電子タバコのはじまり

電子タバコの歴史は比較的浅く、2003年に中国人の研究者「韓力(Hon Lik)」氏によって開発されました。電子タバコは火を使わないので副流煙やタールが発生しません。またニコチンを含まないリキッドも存在し、通常のタバコよりも健康的として多くの喫煙者が電子タバコへと乗り換えていきました。こうして電子タバコの利用者が欧米全土で急増していきました。

■ 喫煙大国である欧米

電子タバコが欧米中心に広まったのは、先進国の中でも喫煙率が非常に高い国が多かったことが理由として挙げられます。

電子タバコに乗り換えることは健康面でメリットがあることはもちろん、タバコの価格が高騰していた欧米では経済面でのメリットも大きいものでした。