よくある質問

 

1) 電子タバコって何?

ヨーロッパやアメリカで絶大な人気を誇る電子タバコ。蒸気に変化させたフレーバーリキッドを吸い込み香りを楽しむ道具です。現在の形となった電子タバコが発明されたのは2003年。まだ最近のことです。中国の薬剤師によって発明されたものの自国ではあまり売れず、煙草の規制が厳しいヨーロッパやアメリカで爆発的に広まっていきました。

2) ほんとに禁煙ってできるの?

そもそも電子タバコは禁煙をするための道具ではありません。しかしながら煙のように見える蒸気を吸い込むことから煙草の代用として使用する人が増えています。吸う行為が”癖”になっている場合、代わりに電子タバコを使用することで減煙につながった人や、完全にやめてしまったという人は多くいるようです。

3) お金ってどのくらいかかるの?

煙草を一日一箱吸う人の場合、年間約16万円の消費です。これを電子タバコに変えた場合、1ヶ月約40mlのリキッドを使用すると仮定すれば年間約6万8千円、交換するコイルは年間約6千円として約7万4千円となります。つまり煙草を一日一箱吸うよりも8万6千円程度お得になります。

(*電子タバコを初めて使用する場合は本体の価格8千円程度も必要となります)

4) 最初に何を買えばいいの?

電子タバコ本体(充電池)、クリアロマイザー(リキッド充填部分)、充電器、E-リキッド。これらがあればすぐに始められます。電子タバコ、クリアロマイザー、充電器がセットになったお得なスターターキットがオススメです。

5) 体に悪くないの? → ニコチンが含まれているの?

普通の煙草は火を使い煙草の葉を燃やし、煙を吸います。煙草に含まれるニコチンが体内に入ってしまうことはもちろん、燃やすことで発生するタールや一酸化炭素は心臓疾患やがんなどの病気を促進する可能性があると言われています。一方電子タバコはニコチンが含まれておらず、タール、副流煙も発生しません。

6) 充電ってどのくらい持つの?

吸う回数にもよりますが、一般的には一度満充電すれば一日以上もちます。

7) 吸える場所は決まっているの?

煙のような水蒸気が発生するため、禁煙とされている場所で吸うことは慎みましょう。

8) リキッドって漏れないの?

リキッドを充填した後にしっかりとパーツを締めれば漏れることはありません。

9) コイルっていつ交換するの?

VAPEした時にリキッドの味が落ちたり焦げたにおいがしたりしたら交換時期です。だいたいの目安としては、3〜4週間が交換時期になります。

10) どうやって洗うの?

アトマイザーに残っているリキッドを全て流し、一度水洗いします。アトマイザーの全パーツを分解し、無水エタノールに5~10分間浸した後、各パーツをよく拭き取り、乾燥させれば終了です。

※洗浄後はデュアルコイルを新しく交換することをオススメします。

11) 故障かな?

リキッドが口に入ってしまった。→リキッドをタンクに注入する際にドリップチップに直結している真ん中の筒にリキッドが入ってしまった場合に起こる現象だと考えられます。一度バッテリーからタンクを外し、真ん中の筒に入ってしまったリキッドを拭き取り、息で吹き飛ばし乾かしてください。※安全な食用エッセンスなので口に入っても問題ありません。

吸引するとパチパチと音がする。→リキッドが蒸発する際にパチパチと音がする場合がありますが故障ではありません。

吸い込みが悪い。→エアフローを塞いでしまっている場合やバッテリーの減少、もしくはデュアルコイルの交換時期です。

味が美味しくなくなった。→消耗品であるデュアルコイルの交換時期です。

ご不明な点やその他質問等がございましたらお気軽にお問い合わせください。